欧州特許実務

欧州向けの出願では無理にでも1カテゴリー1独立クレームにしたほうが良いです

欧州特許庁では以下のEPC規則43条(2)の規定により原則1つカテゴリー(物、方法、使用)について1つの独立クレームしか許可されません。 EPC規則43 クレームの形式及び内容 (2) 第82条を損なうことなく,欧州特許出願は,同一...
研究

日本企業はPCTルートとパリルートとのどちらを利用しているか?

I. 背景 欧州特許出願をするにはPCTルートとパリルートがありますが、日本企業はどちらのルートを主に利用しているのか気になり調査してみました。 II. 方法 使用したツール EP Bulletin Search (データベース:B...
各国制度

ルクセンブルクで出願すれば欧州特許庁による調査報告が250ユーロで得られます

欧州特許庁の調査は国際的に評価が高いです。例えば欧州特許庁の調査結果が肯定的な場合は、欧州特許庁の調査結果を積極的に活用しているメキシコ、インドネシアなどの国では権利化がかなり楽になります。 一方で欧州特許庁の調査費用は高額なことでも有名...
ニュース・コラム

[2020年]出没予報[1月]

2020年1月の私長谷川の日本での出没予報(仮)です。 1月27日(月) 東京/研修講師 1月28日(火) 東京/クライアント訪問、研修講師 1月29日(水) 東京/クライアント訪問 1月30日(木) 東京/クライアント訪問、研修講...
ドイツ特許実務

ドイツにおけるライセンスオブライト(実施許諾用意制度)

ライセンスオブライト(実施許諾用意制度)とは、特許権者が当該特許について第三者への実施許諾を拒否しないことを宣言することによって、特許維持年金を半額にすることができる制度です(ドイツ特許法第23条(1))。制度の概要は以下の通りです。 時...
欧州特許実務

欧州向け出願ではクレーム数を多くしたほうがよいです

日本からの欧州特許出願の中にはクレーム数が例えば2~5程度と少ない出願が散見されます。しかし出願時のクレーム数が少ないことは以下の2つの理由から欧州では好ましくありません。 1.拒絶理由が小出しにされる 欧州特許庁の調査部門は独立クレー...
欧州特許実務

欧州特許庁における異議の概要

欧州特許庁における異議の概要をまとめてみました。 手続き 欧州特許庁における異議は日本と異なり異議申立人と特許権者とが対立する当事者系の手続きとなります。つまり異議申立人と特許権者との間で議論がなされ、そして欧州特許庁の異議部が最終決定...
ニュース・コラム

口頭での質疑応答の際に気を付けるべきこと3つのこと

我々弁理士の重要な仕事のうちの一つに電話やミーティング、講義などにおける口頭での質疑応答があります。 このような口頭での質疑応答のためには回答に必要な知識やノウハウがあればそれだけで十分かと思われるかもしれませんが、口頭での質問を正しく把...
欧州特許実務

EPOにおけるクレーム手数料についてよくあるQ&A

欧州特許庁ではクレームが15を超えた場合に1クレームごとに追加のクレーム手数料の納付が求められます(EPC規則45条(1))。このクレーム手数料に関するよくある質問をQ&A形式でをまとめてみました。 Q. クレーム手数料っていくらですか?...
欧州特許実務

欧州ではプロダクトバイプロセスクレームが結構使えます

日本では2015年の最高裁の判決以来、無効理由を包含する恐れのあるプロダクトバイプロセスクレームは避けられる傾向にあります。このため日本の出願人が国外で権利を取得する際にもプロダクトバイプロセスクレームが活用されることはあまりありません。 ...
タイトルとURLをコピーしました