ドイツ特許実務

ドイツ特許実務ドイツ特許実務
ドイツ特許実務

ドイツで例外的に禁反言が適用されるための3つの条件

以前の記事「ドイツの裁判所によるクレーム解釈の原則」でも述べましたがドイツにおける侵害訴訟では禁反言の適用は原則ありません。つまりドイツでは侵害訴訟における裁判所は審査過程または異議・無効訴訟課程でなされた特許権者の主張に原則拘束されません...
ドイツ特許実務

ドイツ特許庁における情報提供

ドイツ特許法第43条(3)に従い、ドイツ特許庁でも係属中のドイツ特許出願について第三者が情報提供をすることができます。ドイツ特許庁における情報提供の具体的な要件は以下の通りです。 主体的要件 ・何人であっても情報提供をすることができます...
ドイツ特許実務

デュッセルドルフの地裁・高裁の判決文の入手の仕方

ドイツのデュッセルドルフは欧州内で特許訴訟が最も活発な都市として有名です。一説によるとデュッセルドルフの地裁だけで年間400以上の特許訴訟に関する判決を下していると言われています。特許訴訟に関する論文または基本書にはデュッセルドルフの地裁ま...
ドイツ特許実務

ドイツでもグレースケールの画像を提出できます

日本特許庁はグレースケールの画像データを図面として受理してくれます。このため顕微鏡写真などの画像データもそのまま提出しても問題ありません。 他方で、ドイツでどうでしょうか。 日本では「ドイツでは二値化した白黒の画像データしか認められず、...
ドイツ特許実務

ドイツにも自己衝突があります

日本では拡大先願の規定は以下の日本特許法特許法29条の2の但し書きにより出願人または発明者が同一である場合は適用がありません。つまり自己の出願時未公開出願によって後願の新規性が否定されることはありません。 第29条の2 特許出願に係...
ドイツ特許実務

ドイツおける補正についてよくあるQ&A

ドイツおける補正についてよくある質問をQ&A形式でまとめてみました。 Q.クレームの補正ができるのはいつですか? A.出願の係属中はいつでもできます。つまり審査請求前やOA対応期間外であっても補正をすることができます(ドイツ特許法38条...
ドイツ特許実務

ドイツにおけるライセンスオブライト(実施許諾用意制度)

ライセンスオブライト(実施許諾用意制度)とは、特許権者が当該特許について第三者への実施許諾を拒否しないことを宣言することによって、特許維持年金を半額にすることができる制度です(ドイツ特許法第23条(1))。制度の概要は以下の通りです。 時...
ドイツ特許実務

ドイツでは文言侵害が成立する場合は公知技術の抗弁を用いることができません

特許侵害の成否を判断する際に公知技術の抗弁(自由技術の抗弁)という考えがあります。これはイ号が対象特許の優先日前の公知技術であることを示すことで特許侵害の成立を阻止することができる防御法の一つです。 つまり公知技術の抗弁とは侵害判断の場に...
ドイツ特許実務

欧州特許とドイツ国内特許との間のダブルパテントの取扱い

ドイツでは、欧州特許出願と同一の対象について欧州特許出願と同一の出願人がドイツで国内特許出願することは禁止されていません。また審査過程で欧州特許とドイツ国内特許間のダブルパテントを排除する規定もドイツにはありません。 このため以下の例のよ...
ドイツ特許実務

ドイツにおける欧州特許およびドイツ国内特許の無効率に関する研究

ドイツ連邦特許裁判所(Bundespatentgericht)は日本の無効審判に対応する無効訴訟(Nichtigkeitsklage)を管轄する裁判所です。この無効訴訟にはドイツ特許庁の審査を経たドイツ国内特許に対する無効訴訟と、欧州特許庁...
タイトルとURLをコピーしました